信邦について

/
会社紹介

会社紹介

信邦ホールディングスカンパニーは2002年に創立、中国の自動車用樹脂メッキ部品サプライヤーとして、業界をリードしています。フロストサリバン社の報告において、信邦ホールディングスカンパニーは、2015年度の収益合計額では、中国国内で第2位であり、海外輸出額においては、第1位である、信邦ホールディングスカンパニーは中国国内各地に生産拠点を持ち、本社は中国の惠州市となる。海外生産拠点は戦略的に世界各地に展開されている。2018年6月30日現在、グループ社員数は5000人を超えた。

 

メッキ業界の発展傾向として、メッキの色調が多様化する傾向にある。メッキの材料も多様化してきており、信邦ホールディングスカンパニーはメッキ用ABS材、PC/ABS材、PA材、二色成型製品などの技術を駆使しメッキ製品の付加価値を提供している。めっき色は、クロームメッキ、パールクローム、ブラッククローム、パールブラッククローム、チタニウムメッキなど様々な生産技術と能力を保有している。品質及び品質管理面でも、信邦ホールディングスカンパニーは業界でトップレベルである。

 

また、信邦持株は2006年から2層フレキシブル銅張積層板(2L-FCCL)の研究開発を開始し、十数年を経て、プロセスと設備上において、業界のブレークスルーを果たし、複数の特許を取得し、2019年8月に子会社の恵州市柔耐科技有限公司を登録設立した。柔耐科技は独自に開発した「真空スパッタリング+垂直めっき」をコア技術とし、ゴムフリーの超薄型フレキシブル銅張積層板をロールからロールへと連続生産し、銅層の厚さが2~8μmに達し、その製品が既存の技術の欠点を補い、FPCの将来の最終製品の発展に向け、より優れたソリューションを提供した。

 

信邦ホールディングスカンパニーは社会に価値を生む出すと共に、国の政策に積極的に応えている。環境に優しい生産理念を追求し、エコなメッキ材料と技術を開発し続けている。汚染物質の排出を軽減し、廃ガス・廃液、廃物の処理を強化する。

 
会社紹介

Huizhou Keen Point Precision Plastic Co., Ltd.