事業概要

/
研究開発

研究開発

当社独自の技術力及び研究開発力と最先端技術を取り入れ、会社は常に発展、競争優位性を有す。

 

当社独自の技術力及び研究開発力

 

研究開発力

· 射出成型技術及びその使用樹脂材料の性能に関する開発、日々進歩している。

· 樹脂メッキに関する技術は従来より実績が豊富であり、更に日々改善されている。

· 塗装、真空蒸着等の、新たな加飾技術においても技術的に進歩しておりその応用範囲も広がっている。

一貫生産

研究開発チーム

· 専門的な研究開発センターを設立。ドイツ、カナタ国籍の専門家3名を含む研究開発のチームメンバーが305名在籍、メッキ技術と電気、化学、生産分野において専門的な知識を有する。

· 生産、化学、材料などの学術分野において大学、専門学校以上の卒業学歴を有する研究者数が90%以上を占める。

一貫生産

知的財産

· 商標、特許、特殊技術による知的財産ネットワークを有し、その知的成果は管理、保護されている。

· 中国国内にて、設備、製品、特殊技術など様々な分野において40種の特許を取得。

一貫生産

最先端技術の追求

 

生産工程の合理化

· 最新技術&ソフトによる金型設計の効率化、メッキシミュレーションソフト導入による生産効率の向上を実現。

· 6軸センサーロボットによる自動化の採用により、重要工程での生産品質の向上を実現。

· 電子情報制御システム導入、リアルタイム管理により生産データを自動調整し、より確実な生産状況の把握を実現。

一貫生産

多種多様な製品への安定品質保証

· ソフトプラスチック、ハードプラスチック、両方の処理技術を有し、取り扱い材料の種類も豊富

· 金属的加飾、グラフィックデザイン、蛍光色加飾、等多彩な表面処理による多種多様な加飾製品外観を実現

· 耐腐食性、傷への耐性、耐久性、に優れ、製品性能及び品質が安定

一貫生産

Huizhou Keen Point Precision Plastic Co., Ltd.